レーザーを利用した初期虫歯の保存的治療

当医院ではKavo社のダイアグノデントという最新の診断機器を使用しています。

レー ザーダイオードから発せられた特定波長のパルス光が、歯質に直接作用します。発せられた光が変調した歯質を検知すると、異なった波長の蛍光光刺激します。 この光はハンドピースを通ってシグナルに伝わり、ダイアグノデントのユニット内の電子システムによって波長を読みとります。
いままでの虫歯の診断とダイアグノデントを用いた診断の違い
いままでは先の尖った探針で裂溝の中を探ってその感覚で判断していました。その際に歯質を破壊して、再石灰化可能な虫歯をかえって進行させてしまうおそれもあります。

Diagnodentではレーザー光線が極小の到遠経路を通って反射する、 裂溝域でも傾向測定が可能です。歯質を傷つけたり、痛みを感じることはありません。

今まで判断しずらかった初期虫歯の診断の正確性が飛躍的に向上しました。

こ の診断に基づいて、フッ素塗布等の適切な予防処置を組み合わせることにより、従来の削って詰めるという治療をせずにバージンティースのまま管理してゆくと いう、歯にとっては理想的な道が拓かれてきました。実際当医院でも導入後に削らずに予防処置を行うケースがかなり増えています。

ダイアグノデントを用いると虫歯の脱灰の度合いが数値で表されるため、定期検診の度に計測して管理することにより初期虫歯が前回よりも進行しているのかあるいは逆に再石灰化がすすんで改善してきているのかを知ることができます。