インプラントと骨構造

骨には皮質骨(緻密骨)と海綿骨(骨梁)があります。レントゲンやCTの画像を歯医者さんで見たことがあると思いますが、皮質骨は白く濃く写る部分、海綿骨は薄く網状に写る部分です。皮質骨は海綿骨の20倍も硬く、インプラントの支持には海綿骨より皮質骨の方が有効です。

上あごの場合、薄い皮質骨層の内部に様々な密度の海綿骨を含む構造なのに対し、下あごの骨は厚い皮質骨で覆われた骨であるため、インプラントの維持には下あごのほうが有利なのです。
よって治癒までにかかる期間は下あごのほうが短くてすみます。

Follow me!