ホワイトニングの実際

ホワイトニングにはオフィスブリーチングとホームブリーチングとがあります。

どちらもエナメル質表層をマスキングして象牙質の色を目立たなくすることにより白さを実現するしくみですが、ホームブリーチングに用いられるのは過酸化尿素を用いた薬材で、オフィスでは過酸化水素を利用した薬剤を使用します。ホームブリーチングの場合、過酸化尿素は唾液と反応して過酸化水素を発生しますのでどちらも原理的には同じ原理を利用しています。
オフィスの場合、歯肉に薬がつかないように処理をした上で薬剤を塗布して光を照射します。一回の施術時間は30分程度で、週一回、3週塗布を繰り返します。
ホームブリーチングでは初回来院時に型とりをして歯の周りに薬をつけるためのトレーをつくります。2回目にトレーをお口に合わせてから着脱法、薬のつけ方の指導を受けてから帰っていただきます。その後ご自宅でご自分でトレーに薬をいれて装着することになります。基本は夜間就寝時の装着です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA