レーザーを利用した初期虫歯の保存的治療

レーザーを利用した初期虫歯の保存的治療

当医院ではKavo社のダイアグノデントという最新の診断機器を使用しています。

 

DIAG.jpg レー ザーダイオードから発せられた特定波長のパルス光が、歯質に直接作用します。発せられた光が変調した歯質を検知すると、異なった波長の蛍光光刺激します。 この光はハンドピースを通ってシグナルに伝わり、ダイアグノデントのユニット内の電子システムによって波長を読みとります。
いままでの虫歯の診断 ダイアグノデントを用いた診断
non-diagno.gif on-diagno.gif
先の尖った探針で裂溝の中を探ってその感覚で判断していました。その際に歯質を破壊して、再石灰化可能な虫歯をかえって進行させてしまうおそれもあります。 レーザー光線が極小の到遠経路を通って反射する、 裂溝

Follow me!

前の記事

感染予防

次の記事

歯周病の進行
MENU