現在痛みがなくても、レントゲンで根の治療の必要があると判断した場合は根の治療を行うことになります。歯根の内部には元来神経、血管の通る空間があります。これを根管といいますが、むし歯ができて、虫歯のばい菌がこの根管まで及ぶと、根管を通じて根尖(根の先端)から顎の骨の中にまでばい菌に感染(かんせん)することになります。いま痛みがなくても、レントゲンで慢性の感染症の所見がみられる場合は根の治療を行い、根管の中を無菌の状態にする必要があるのです。