親知らずとは前歯から数えて8番目の奥歯のことをいいます。位置的にまっすぐ生えるスペースがないことが多いため、歯肉が半分被さったままの状態になったり、頬っぺたの方を向いて生えたりすることが多く、そのため不潔になりやすく歯肉の炎症を起こす原因となりやすいのです。そのため抜歯することはたしかに多いのですが、まっすぐ生えている場合でかみ合わせに貢献していると考えられる場合には抜く必要はありません。また、親知らずを自家移植に利用する場合もあり、親知らずであるという理由だけで抜歯するものではありません。

福岡市東区奈多の歯医者さん、インプラント、審美歯科のあべ歯科クリニック