神経の生きている歯の場合、往々にしておこる症状です。切削時の刺激、歯を装着する際のセメントの刺激等によって一時的に神経が過敏な状態になっているためと考えられます。これはいいかえると神経が炎症をおこしているということですので軽い炎症であればしだいに軽減してきます。これが元にもどるまで30日程度かかる場合もありますので、強い痛みでないのであれば様子をみても大丈夫です。あまりに強い痛みの場合は神経をとる必要がある場合もあります。

福岡市東区奈多の歯医者さん、インプラント、審美歯科のあべ歯科クリニック